事業の設立や継続には欠かせない!資金調達に関するしておくべき基礎知識を解説

事業における資金調達は様々な方法がありますが、本来の目的である事業の継続を忘れてはいけません。金融機関からの融資は広く知られた方法ですが、返済義務が生じることから場合によっては事業の継続が難しくなるおそれがあります。手形を割り引いて現金化するファクタリングは債務にならないうえ、早期の資金調達に繋がるのが魅力的です。反面、額面よりも少ない金額になるので過度の利用は利益の減少に繋がります。事業の継続と必要な金額のバランスを考え、最適な方法を選ぶことが大切です。

資金調達ができなければ事業は活動できない

資金調達というのは、企業が必要な資金を外部から調達することです。その方法には、借入や投資のほかに資産売却や補助金・助成金といったものがあります。資金調達の目的は、事業の存続や拡大・新規事業の開始・運転資金の確保などです。資金調達ができなければビジネスを継続することができないというのは、資金が事業の血液のようなものだからです。十分な資金がないと債務や給与の支払いができないだけでなく、設備投資や広告宣伝費などの必要経費をまかなえません。また、お金が足りないと市場の変化や競合他社の動向に対応できず、結果的に事業の成長や競争力を失ってしまうことになりかねないのです。さらに、タイムリーに資金調達ができなければ、資金不足のリスクが高まって会社の信用力や経営状態が悪化していってしまいます。資金ショートが続けば、会社は倒産の危機に陥る可能性があることから、資金を調達することは事業を活動させるために必要不可欠なものなのです。

資金調達として使える補助金や助成金

補助金と助成金というのは、国や地方公共団体などが事業者に対して支給する金銭で、原則的には返済の必要がない資金調達方法です。前者は特定の政策目的を達成するために審査を通過した事業者に支給されるもので、支給額は比較的大きいものの予算や期間に制限があることが多いです。それに対し後者は雇用や労働環境の改善などを目的として一定の条件を満たした事業者に支給されるもので、支給額は比較的小さいものの予算や期間に制限がないことが一般的です。種類や条件は様々ですが、中小企業が利用できるものとしては、事業再構築補助・ものづくり補助・IT導入補助・雇用調整助成・キャリアアップ助成といったものが存在します。これらの制度を利用して資金調達を行うには、募集要項や申請方法を確認した上で必要な書類や計画書を作成して提出する必要があります。また、受給に当たっては、事業の実施や報告などの義務が伴いますので、その点には注意が必要です。

新しい資金調達のクラウドファンディング

企業が資金調達を行う際の手段には、銀行からの融資や株式上場、債券の発行といった方法がありますが、近年では新しい方法としてクラウドファンディングが存在感を増してきています。 これは、銀行や証券会社といった限られた法人から資金を集めるのではなく、より門戸を広げて投資に縁の無い不特定多数の個人からも資金を集めることが可能となります。資金調達をしたい企業は仲介役を担うクラウドファンディングサイトに開発を行う新製品やサービスなどを提示します。すると、その製品やサービスを利用したいという個人が出資者として資金を融資をしてくれて、その人数が多ければ多いほどまとまった金額が集まるという仕組みです。 資金調達をした企業は、その出資者に対して返礼をします。新製品やサービスを正式な発表前に先行販売して利用できるようにしたり、限定特典を付けるということが一般的です。従来の資金調達とは異なり、消費者が出資者になるという画期的な手段なのです。

資金調達で考えられるいくつかの種類

企業が資金調達を行う方法は、主に三つの種類に分けられます。まず挙げられるのがアセットファイナンスで、企業が現在保有している資産を売却して現金化するものです。不動産や売掛債権といった価値のある資産を売却することで現金を手に入れ、新たな商品開発や負債の返済に活用することが可能です。 もう一つはデットファイナンスです。銀行からの融資を受けたり、自社債券を発行して投資家に購入してもらうことを指します。この方法は資金調達の手段として多く行われていますが、融資をしてもらう銀行や証券会社などの審査が必要になり、また将来的には借りた資金を返済しなければならないため実行する前に入念な資金計画を立てておくことが求められます。 最後の方法はエクイティファイナンスで、企業に投資することで利益を得る事を目的としているベンチャーキャピタルや投資家からの資金提供を受ける方法です。返済義務はないことが多いものの、経営権の一部を外部の会社が持つことになるというデメリットもあります。

福岡の資金調達参考サイトに関する情報サイト
資金調達に関する基礎知識

事業の継続を目的とした資金調達は幾つかの方法があります。金融機関からの融資は知名度が高い方法ですが、借りたお金は後に返済しなければいけません。返済金の支払いで資金のやりくりが難しくなるおそれがあります。手持ちの手形を早期に現金化するファクタリングは返済が生じないので負担にはなりませんが、額面よりも少ない金額で現金化されるので利益の減少は避けられません。資金を用意する目的を正しく認識し、必要な金額だけを得るのに最適な方法を選ぶ姿勢が求められます。

Search